保育園について

●保育園について

園長からのひとこと

  • 沿革

    農繁期に子どもを預ける所がないという地域の方々の要望に応えて、初代の遠藤タツゑ園長が、昭和42年4月に「私設の千歳保育園」を開園した。昭和48年6月には、「財団法人千歳保育園」の認可を受けて、千歳保育園の運営基盤の強化を図った。その後も、山形市の北部地区周辺では、核家族や共働きの家庭が増えるに伴い、生後2ヵ月からの保育需要が急速に増加したことと、園舎の老朽化のため、平成11年3月に運営主体を財団法人千歳保育園から「社会福祉法人チトセ会」として認可を受け、同時に平成12年4月に、新たな地に千歳保育園の新園舎を建設して、保育ニーズの多様化に対応するとともに地域に根ざした保育園にさらに努めるべく再出発した。さらに、平成19年4月には、待機児童解消のため第二の保育園となる「千歳ののはな保育園」を開園し、今日に至る。

  • 保育理念

    子ども一人ひとりが生き生きと過ごし、
    保護者と共に子育て半分この保育園を目指す。

    保育方針

    子どもが家庭的な雰囲気の中で安心して過ごせ
    保護者と子育ての楽しさが共有できるように
    心がける。

    自然を通して、心身共に健康で明るく、
    豊かな感性を育て、思いやりの心と相手の立場に
    なって考えられる子どもに育てる。

保育目標
園舎見取り図
園舎見取り図
職員構成
職員構成

職員構成
  • 所 在 地 山形市落合町柿檀386-4
  • 経営主体 社会福祉法人チトセ会
  • 創  設 昭和42年4月1日
  • 認  可 平成11年3月1日
  • 定  員 120名(生後2ヶ月〜就学前まで)
  • 構  造 鉄筋コンクリート造2階建て
  • 建築面積 948.72㎡
  • 敷地面積 2,136.87㎡